LICENSE ライセンス

米EPIC RIGHTS(エピック・ライツ)社とのライセンス契約の下に、契約アーティストのアジア圏でのマーチャンダイジングの企画・製造・販売・卸売業務および契約アーティストの肖像・アーティスト名・ロゴ等を使用する商品開発のライセンスに関する正規取次窓口業務を行なっています。

Jeff Beck

Jeff Beckはイギリス出身のギタリストであり、1966年、Yardbirdsに加入して以来ミュージックシーンを沸かせた。1967年に彼はYardbirdsを脱退したが、彼は40年間も音楽を提供し続けた。彼はローリングストーンズの選ぶ歴代ギタリスト100の内5位に選ばれており、この雑誌の表紙を3度も飾っている。雑誌ではJeff Beckのことを「ロック界において最も影響力のギタリストの一人」と称している。彼はギタリストしてグラミー賞なども受賞しており、Yardbirdsのメンバーとして一回、そしてソロとして一回、合計二回the Rock and Roll hall of Fameに選ばれている。彼は今まで、Mick Jagger, Tina Tunner, Morrissey, Jon BonJovi, Malcolm McLaren, Kate Bush, Roger Waters, Donovan, Stevie Wonder, Les Paul, Zucchero, Cyndi Lauper, Brian May, Stanley Clarke, そして ZZTOPのアルバムに参加している。

CHICAGO

Chicagoは1967年にアメリカのイリノイ州で結成された世界で最も売れたロックバンドの一組である。1970年代と80年代にかけて彼らは一度は聞いたことのある有名なロックバラードをリリースし、数々の賞を獲得。Chicagoは1億枚以上のCDを売上、ロックバンドの歴代の中でもかなり売れたバンドである。結成から45年経った今でも、彼らは音楽を提供し続け、ツアーも続けており、まだまだ力強いChicagoのままだ。彼らの一度聴いたら耳から離れない音楽と、至る所で目にするロゴは世代を問わず多くの人に認知されており、それはChicagoが今も昔も多くの人々を楽しませていることができている証である。

AEROSMITH

AEROSMITH、またの名「The Bad Boys from Boston(ボストンからやってきた悪いヤツら)」そして「America’s Greatest Rock and Roll Band(アメリカで最も偉大なロックンロールバンド)」は、アメリカで最も売れたロックンロールバンドだ。1億5000万枚以上のアルバムを全世界で売り上げ、アメリカだけでも7200万枚の売り上げを誇っている。25のゴールドアルバム、18のプラチナムアルバムそして12のマルチプラチナムアルバムを獲得し、アメリカのバンドで最もゴールドアルバムそしてプラチナムアルバムを所持している。AEROSMITHは音楽チャートのトップ40のうち21を独占し、4つのグラミー賞を獲得し、MTVのVideo Music Awardを10回獲得した。2001年にはRock and Roll Hall of Fameに参加した。AEROSMITHはマサチューセッツ州、ボストンで1970年に結成された。もともとJoe PerryとTom Hamiltonがバンドを組んでおり、Jam Bandという名前で活動していた。その後Steven Tyler、Joey Kramer、Ray TabanoとAEROSMITHを結成させた。1971年にはTabanoの代わりにBrad Whitfordが加わり、AEROSMITHは大きく成長していった。1970年代を通してかれらは多くのヒットソングを出し、1970年代の終わりには多くのAEROSMITHファン(通称「Blue Army」)と共に世界で最も有名なロックバンドへと成長をした。1980年代から1990年代にかけ、「Pump」、「Get a Gtip」そして「Nine Lives」などのアルバムを出し、多くの賞を獲った。AEROSMITHはさらにテレビなどのメディア、映画、テレビゲームなどでも活躍の場を広げた。2000年代では2008年以外の全ての年にツアーを回り、結成から44年たった今でも、ツアーを回ることと音楽を作り続けることを止めない。

CBGB

CBGBは間違いなくニューウェーブとパンクロックの原点とも言えるだろう。1973年にHilly Kristalを中心にニューヨークで「Country, Bluegrass, and Blues」の頭文字をとったCBGBが誕生した。様々な音楽のジャンルのミュージシャンがそのクラブで演奏をした。Joan Jett & the Blackheartsからthe RamonesやBlondieなどをはじめ何千人ものアーティストがCBGBで演奏をした。1980年以降は誰もがCBGBはハードコアパンクの始まりの場所だと思っているだろう。CBGBはそのスタイルとgrittinessから、とても個性のあるユニークなクラブであり、多くの有名ミュージシャンたちがお気に入りのスポットにしたクラブでもある。CBGBはとても汚く、グラフィティーまみれなバーであったがその外観にとてもプライドを持っていた。クラブはとてもパンクであり、とても荒れていた。CBGBはさらに隣接されているカフェとレコードショップでもフィーチャリングされており、「CBGB Record Canteen」という名前で営業をしていた。後にCBGB Record Canteenは1980年代アートギャラリーとパフォーマンスのできるエリアにと変化した。なによりも最も大事なのは、この場所で多くのミュージシャンたちがパンクとは何か、伝えていたということだ。CBGBは2006年10月に閉店をし、Patti Smithが最後のパフォーマンスを行い、その幕は閉じた。2012年、CBGBはミュージックフェスティバルを開催し、今ではニューヨークで最も規模の大きいフェスとなった。2013年にはCBGBの住所は名誉のある音楽会場として、歴史的建造物に認定された。国立公園局はCBGBの重要性をこう語る:「伝説的なこの音楽会場は今もなお感銘を与え続けているパンクやアートロック(1970年代にマンハッタンを中心に始まったロック)などを含むアメリカの音楽の新しいジャンルを育てあげてきた。」

Woodstock

Woodstockは今でも文化的な試金石である。1969年8月、平和と音楽を共に分かち合う三日間のロックフェスティバルが開催された。32組のアーティストが演奏し、来場者は約50万人。過去開催された野外フェスで最も重要なフェスともいわれている。Woodstockは文化的な変化を音楽、態度やライフスタイルに与え、全世界に影響を与えた。Rolling Stonesによると、Woodstockは映画、音楽、ファッション、アート、社会的道徳などに影響を与え、今でも続く自由の先駆けである、と言っていた。Woodstockは現在行われているミュージックフェスティバルのパイオニアであり、ジャンル問わず、すべてはWoodstockから始まっている。Woodstock精神は現在にも伝わっており、地球を愛すること、国際的人権の保持、表現の自由、フェアトレードや倫理的なビジネス慣行、人と違いを出すための個性の力、そして主張者の平和に対する変化と同等のコミュニティーにおいての衝撃的な変化などがあげられる。Epic Rightsでは世界的に音楽やそのカルチャーで影響を与えたWoodstockを二つのグローバル戦略を生み出しました。Woodstock Heritageでは、フェスでの一瞬を収めた写真や、シンボル、アイコンなどを使用します。Woodstock Lifestyleでは、新しいオーディエンスを求め、現代のファッションとWoodstockを融合させたものを提供します。

KISS

KISSは今もなおロック界においてもっとも象徴的で、影響力のあるバンドと言えるだろう。KISSはこれまで44枚のアルバムをリリースし、アルバムは世界中で1億枚以上売れている。2014年には「ロックの殿堂(The Rock and Roll Hall of Fame)」に就任し、バンドの40周年記念でもあり、大きな出来事が起こった特別な年であった。2014年はKISSにとって素晴らしい年であった。KISSはDef Leppardと共にアメリカ42都市を回わる40周年記念ツアーを行った。John Varvatosは自身のブランドでKISSをフィーチャリングし、Paul StanleyとGene Simmonsは新しい本を出版した。KISSは「The Tonight Show starring Jimmy Fallon」「The Today Show」「American Idol」「Fashion Rocks」にて演奏。「The Kiss Kruise」ではKISSのメイクを施した多くのファンが集まり、ロサンゼルスのHard Rock Hotel & Casino “The Join”にて9公演を行った。Epic RightsではKissの「88th Annual Macy’s Thanksgiving Day parade」にてヘッドライニングとして出演を決定させた。南アメリカツアー、ヨーロッパツアー、the KISS Kruise V、そしてまだまだたくさんのイベントなどが進行中のKISSにとって2015年もまた歴史的な一年になりそうだ。ももいろクローバーZとのコラボレーションを実現し、オリコンチャート1位を獲得。さらには東京ドームを多いに沸かせた。

AC/DC

AC/DCは2014年の12月にニューアルバム「Rock or Burst」をリリース、2015年2月ではグラミー賞のオープニングを飾り、2015年4月ではコーチェラを沸かせた。ヨーロッパツアー「The Rock or Burst」は5月5日にヨーロッパからスタートし、7月25日に終了。8月22日にマサチューセッツ州のギレットスタジアムでツアーを再びスタートさせ、9月28日にロサンゼルスにて終了。そして、年末に近づくにつれ彼らのホームであるオーストラリアに5年ぶりに帰ってくる。オーストラリアでは5つの大都市を回り、12月の12日、15日のニュージランド公演をもって、「The Rock or Burst」ツアーの全公演を終了させる。